2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

Amazon ウィジェット

映画・テレビ

ハルヒ

「凉宮ハルヒの憂鬱」

今さらだが、ニコニコとかで↑の曲を良く聴いていたのだけど、
実際、本編見たことなかったので、ものは試しに通しで見てみた。

なんだこれ、面白い。

「キョン」の視点からモノローグで表現されていく手法。
まるで、自分がその役に入り込んでいるような気がして好きな手法だ。

「凉宮ハルヒ」。こういう強引ぐマイウェイでアクティビティなやつは以外と好きだ。
(ただし、女子にかぎる)
そういうやつがたまーにしかみせない弱気な一面など、
たまらなく良い。このギャップが良いのね。

それを見て、しょうがねえなと思いつつも、
付き合ってやる「キョン」のキャラもちょいと近いところがあってなかなか好きだ。

「みくる」みたいな萌えモエーみたいなキャラは、計算ぽくて嘘くさくて自分はダメだけど。

他キャラ含めそれぞれ個性があって面白い。

設定とかもSFチックで良いね。

「エンドレスエイト」の手法にはビックリした。
8回も同じ内容エンドレス。(映像は少しずつ違うが)
でも、この時間ループ&デジャブー感を表現するのには、
賛否両論あるようだがきわめて面白い手法だ。

スタートレックでも同じ手法のものがあったようだね。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7709314


なるほど、人気があるのがわっかたぜ。

たまにはアニメ見るのも良いな。

映画「ハンサムスーツ」

20081101010157

今日って、映画の日だったのね。
割引で1000円になるなんて知らずに、
かなり得した気分!

久しぶりに映画を見ました!
今日封切りの映画「ハンサムスーツ」。

http://handsome-suits.com/

かなりベタな内容の映画だけど、
とにかく笑えてツボにはまりました!

僕もハンサムになれるスーツがあったら、
すんごく欲しい・・・と、とっても共感(^^;)

でも、結末は・・・。

笑いあり、涙あり、楽しい2時間でした。
不覚にも、映画館で笑ってはウルウル。

どのシーンも抜かりなく笑いが散りばめられ、
出演者も豪華です。

塚地武雅の演技も良かったです。
(最近お笑いよりもドラマに出ることが、多いですよね!)

谷原章介 のハンサムなのに
中身が「塚地」という演技もなかなか・・・。

音楽も主題歌の「My Revolution」をはじめとして
80年代のEPIC SONY系の音楽使ってたり、
80年代テイストの良質コメディ映画でした。

最後の方に、「おっ!良くこの人出たなあ」と
思う人が出てきてビックリ!!

ちょっと先が読める場面もあったけど、
ちょびっとコンプレックスある方に勇気の出る
とってもおすすめ映画です!

"本当に大切なもの"に気がつきますよ!

----あらすじ-------

定食屋を経営する大木琢郎は、料理上手で心優しい性格だが、
デブで不細工な容姿から、女性にモテないどころか付き合った事すらない男性。
想いを寄せる、アルバイトの星野寛子にも、
思い切って告白したが、あっさりフラれてしまった。

そんなある日、紳士服店を訪れた琢郎は店長・白木の勧めで、
着るだけでハンサムになれるスーツ『ハンサムスーツ』を手に入れる。
それを着ると、琢郎は見事なまでにハンサムな男性に変身。

これを着て街を歩けば、女性にはモテモテ、
モデルにスカウトされて瞬く間に大人気と、
幸せな人生を手に入れた様に思えたが……。

-----------------